藤原 里瑛

07/21 「いのち」のコーナーの裏側

平日午後6時15分~放送の『報道ゲンバFace』内の「いのち」のコーナー
2013年の秋から放送が始まり、もう少しで丸3年となります。
いつも「いのち」のコーナーのVTRを編集しているのは、
若林カメラマン(左)と、長谷部ディレクター(右)です。

編集風景

赤ちゃんの名前に込められたご家族の思いや願いを一番に伝えたいと
日々編集作業にあたっています。

また、残念がら映像ではお伝えできないのですが、
この時期にしかない赤ちゃんの優しい香りや触った時の柔らかさなど
「質感」まで感じてもらえるように試行錯誤しているそうです

写真では、2人ともまじめな表情をしていますが、
やはり赤ちゃんの映像編集では思わずほほが緩む瞬間もあります。

最近では、放送開始当初に出演いただいた赤ちゃんが
お兄ちゃん、お姉ちゃんになっていて、成長に驚かされるなんてことも
赤ちゃん誕生の記念に「いのち」のコーナーに出演してみたいという方
ご応募は、テレビ信州のHPからどうぞ。
http://www.tsb.jp/tsb-bangumi/inochi/

また、メールnews@tsb.jp
そしてFAX 026-228-5415でも受け付けています。

メールやFAXでご応募いただける場合は、
応募者の名前や連絡先の他、子供の名前、性別、誕生日をお知らせください。
お待ちしています

07/20 エディブルフラワー

ニュースの特集でもお伝えした「エディブルフラワー=食べられる花」
佐久市で育てられたカレンジュラを使ったドレッシングを
さっそく家でも使ってみました。

FullSizeRender

レタスとオクラの緑に、トマトの赤の組み合わせのサラダ。
ドレッシングのオレンジが追加され、いろどりが良くなりました

軸の部分は固いため、花びらだけを、ドレッシングに使うようです。

ドレッシング

農林水産省の調査では、近年、切り花の出荷量が減少傾向にあります。

食べられる花は、「毒性のない花」かどうかの知識が必要で
観賞用の花に使われる農薬は使えないなど、生産の大変さはありますが
花の新たな販路の可能性に期待が寄せられているようです。