伊東 秀一

01/16 雪に想う

先週は雪の多い地域での取材が続いた。
週半ばに足を運んだ飯山市は、積雪わずか10センチ。
2月の雪まつり恒例の雪像製作に、この雪で大丈夫か。
そんな心配もつかの間、その2日後に大雪は降り始めた。

DSC_0073
【飯山市愛宕町の雁木通り/11日】

そして大雪が降り始めた週末金曜の夕刻。
中継スタッフとともに北アルプスの麓、白馬村へ向かう。
途中の小川村を超えた辺りから路面は真っ白になり、
路肩の雪の壁が厚みを増す。
            ✤
白馬の街中に入る頃には、道路は地吹雪で見えないほどに。
夕闇が覆いはじめた車窓の左手に、仮設住宅らしきシルエットが
ぼんやりと見えた。2年2か月前の神城断層地震の被災者が
昨年末まで生活していた仮りの住まい。窓明かりは見えない。
入居期限が切れたため、住民は新たな終の棲家となる復興住宅や
それぞれの新居、身内の家へと移ったという。
去年一昨年と足を運んだ仮設の軒先に、いい感じに粉を吹いた
干し柿がぶら下がっていた。
限られた時間ではあるが、あの窓辺にも確かに生活があったのだと
今あらためて思う。
とっぷりと暮れた白馬村役場に着いた時、役場前の積雪は
66センチに達していた。

IMG_0441
【仮設の軒先にて/2015年11月・白馬村飯森】