伊東 秀一

09/08 往く夏

「あ、降ってきましたね」
ガラスに当たる雨粒を見つけたのはHさんだった。
長野市役所の上階にある食堂で打ち合わせを兼ねた昼食の最中、
最初の雨が降り出した。ガラスを叩くような降りは40分ほどで収まったが、
久々の強い雨である。

IMG_0751
【板敷きデッキに降る雨/長野市役所8階】

次の降りが来たのは午後3時半を回った頃。
局舎の窓越しに大きな雨粒が流れ、路面は真っ白な飛沫が覆う。
午後5時すぎからの「news every.」関東エリア向けの
中継準備をしながら「こりゃずぶ濡れか・・・」と覚悟を決める。

市内を流れる裾花川べりに着いたのは午後4時15分。
その時には既に雨はあがり空は明るくなり始めていた。
それでも道路は片側が冠水し、長靴で踏み入ってみれば
ふくらはぎ近くまで深さがある。

そして今、午後6時過ぎ。雲の隙間からは徐々に青みがかった
夕空がちらほら覗いている。
風と雨の時季が通り過ぎれば夏は終わり、と気象専門家に聞いた。
いつにない台風禍が続く今年。夏が本当に去るのはいつごろか・・・・・・。

09/07 パンツ履きなさい!

9月に入って1週間。この時季、体調が芳しくないという人が少なくない。
いわゆる「夏バテ」かと思いきや、実は「冷え症」が原因と聞いて驚いた。
きょうの「秀一のシューイチ」でお伝えした冷えの予防法は3つ。

1:保温(室内や身体を冷やしすぎない)
2:食事(冷たい飲食物を控える)
3:運動(暑さで億劫だった運動をしっかりと)

日中はまだまだ30度前後の厳しい残暑だが、
朝晩の涼しさ(冷え込み)はこのところグッと増している。
この温度差が自律神経を不調にしてしまう原因だという。

そう言えば、かくいう私も寝る時にはいまだ
素肌の上にTシャツ&ステテコといういでたちなのである。
先日、家人に指摘されたばかりでもあるのだが。
「ねえ、パンツぐらい履いたら?」
うーん、そうは言われてもあの風通しの良さは
何ものにも代え難いのであるが。
でもこれって良くないよな、確かに。
今夜あたりから履こうかな、パンツ・・・・・・。