厚芝 智行

11/15 「少年サッカー」という競技

先日、第41回全日本少年サッカー大会の決勝がアルウィンで行われました。
テレビ信州では、その試合を放送します。

少年サッカーがプロのサッカーとどの点で違うか、みなさんご存じですか?
サッカーに関わる方でないと知らないのが普通だと思います。

例えば、ピッチの広さ。
プロより小さいんです。

推奨のサイズは、
縦68m、横50mです。

それを何かに例えてみますと、

善光寺本堂のおよそ2.6倍、
畳を敷き詰めるとおよそ2054枚、
ふじりんごを並べた場合は、およそ34万個。

・・・・・・プロのコートのおよそ2分の1と言うのが1番端的でわかりやすいでしょうか。

その他にもプロのサッカーとは何が違うのか、
少年サッカー年代では教育という点で何が大切なのかなどを、
試合の様子とともに解説の方とお伝えしていきます。

私自身、サッカー少年でした。
今回は、実況という形で携わりました。

そして、思ったことがあります。

それは、
少年サッカーは「サッカー」という競技ではなく、
「少年サッカー」という1つの競技であるということです。
少年サッカーならではの面白さがあると思いました。

11月22日(水)10時30分より放送予定です。
ぜひご覧ください!!

11/10 改めて感謝

全国高校サッカー選手権大会長野県大会決勝が先週終わりました。
上田西高校の皆さん、優勝おめでとうございました。

ベンチリポーターとしてこの試合に関わった私は、その後実家の親に連絡をし、
ある物を送ってもらいました。

粗い映像ですみません。
私が高校を卒業する時に監督が贈ってくれた、
当時の試合を映したDVDの映像です。

画面右奥のグレーのユニフォームが、高校3年当時の私です。
山梨県大会ベスト8進出をかけた試合でした。
強豪校からすると大した結果ではないかもしれませんが、
自分達にとっては目標を達成した試合でした。

また結果だけでなく、
当時仲間たちとどんな声をかけ合っていたか、
どんなプレーをしていたか、
どれだけ必死でやっていたか、
そういったことを振り返ることができます。

家庭用のビデオカメラなのでテレビほど鮮明ではありませんし、
もちろん実況もリポートもありません。
けれど、これからも大事にしたい物です。

改めて、恩師に感謝しました。

11/01 「キッズ」たちの走り

10月29日(日)、長野市の長野運動公園陸上競技場で行われたのは・・・

そう、キッズRUN!!2017という小学生の大会です。

今年で27回目を迎えた本大会では、
種目として4×100mリレー、100m走、3㎞マラソン、駅伝が行われました。

激しい雨が降る時間帯がありましたが、選手たちは奮闘していました。
そんな中、大会新記録が、出た・・・!?

当日の様子は11月25日(土)14時30分から放送されます。
キッズたちの走りを、是非ご覧ください!!

10/17 2つの始まり

10月14日(土)、ある2つのイベントが始まりました。

1つ目は、こちら!!!

小学生年代の王者を決める大会の1つです。
私がお邪魔した中野市サッカー場をはじめ11会場で1回戦が行われました。
今年の県王者は、果たしてどのチームになるのか。

テレビ信州では県大会決勝の様子を11月22日(水)10時30分から放送予定です。
ぜひご覧ください。

 

 

さて、2つ目はこちらです!!!


(写真右から、ミニチュアハウスアーティストの島木英史さん、ペーパーアーティストの
太田隆司さん、ビーズアーティストの金谷美帆さんです)

先週金曜日のゆうがたGet!でもご紹介しましたが、「神の手●ニッポン展」が山形村の井上アイシティ21で始まりました。
開催前日、準備中だったのですが特別に中を見せてもらいました。

映像で見るのも良いですが、実物で見るのはもっと良いです。
実際に取材してそれを体感しました。

来月14日(火)までの開催です。
足を運んでみてはいかがでしょうか。

10/05 掲載されました

みなさんこんにちは。
ここ最近、肌寒い日が増えてきましたね。
特に昨日は、平年の同時期に比べて非常に気温が低かったようです。
体調管理など十分に注意したいですね。

さて、信濃毎日新聞には「マイクの向こうから」というコーナーがあります。
信州のアナウンサーの声を紹介しています。

そして10月1日(日)、
私も登場させてもらいました。

普段の取材する側とは逆の立場で、
非常に新鮮でした。