厚芝 智行

11/15 「少年サッカー」という競技

先日、第41回全日本少年サッカー大会の決勝がアルウィンで行われました。
テレビ信州では、その試合を放送します。

少年サッカーがプロのサッカーとどの点で違うか、みなさんご存じですか?
サッカーに関わる方でないと知らないのが普通だと思います。

例えば、ピッチの広さ。
プロより小さいんです。

推奨のサイズは、
縦68m、横50mです。

それを何かに例えてみますと、

善光寺本堂のおよそ2.6倍、
畳を敷き詰めるとおよそ2054枚、
ふじりんごを並べた場合は、およそ34万個。

・・・・・・プロのコートのおよそ2分の1と言うのが1番端的でわかりやすいでしょうか。

その他にもプロのサッカーとは何が違うのか、
少年サッカー年代では教育という点で何が大切なのかなどを、
試合の様子とともに解説の方とお伝えしていきます。

私自身、サッカー少年でした。
今回は、実況という形で携わりました。

そして、思ったことがあります。

それは、
少年サッカーは「サッカー」という競技ではなく、
「少年サッカー」という1つの競技であるということです。
少年サッカーならではの面白さがあると思いました。

11月22日(水)10時30分より放送予定です。
ぜひご覧ください!!