厚芝 智行

03/09 おでかけ情報in千曲市 番外編

先日8日(水)のゆうがたGet!でお伝えした千曲市のおでかけ情報。
ご覧くださった皆様、ありがとうございました。

その放送の中でご紹介できなかったことを、少しだけ書きます。

まず、創業から115年が経つ老舗、笹屋ホテル。
その一角には、登録有形文化財である「豊年虫(ほうねんむし)」があり、
私たちはそんな場所にも泊まることができるんです。
その名前は志賀直哉の作品『豊年虫』に由来し、千曲川から羽化するかげろうのことでもあります。

そんな豊年虫には、過去に泊まった小説家たちの画帳などが並ぶギャラリーがあるんです。
ガラスのケース内に並ぶそれを見ていくと、ますます笹屋ホテルの歴史の深さが感じられます。
そして、「この人もここに泊まっていたんだ」と驚くと思います。

一方番組では、4月1日(日)からのあんずまつりで提供されるスイーツもご紹介しました。
「あんずフロート」は取材でお邪魔した日が
お店のスタッフ以外に初めてふるまわれた日だったそうです。
あんず好きにはたまらない、
そうでない人にも非常においしい一品でした。
まだ値段が決まっていないというあたりが、本当の本当に新作らしいところです。

いただいた商品は、あんずフロートだけではないんです。

 

あんずのソフトクリーム!!(写真)
甘さの後にほどよい酸味がやってくる、とても美味しいソフトクリームでした。

さらにあんずフロートを取り扱う横島物産には、
「杏らすく」や「あんずのチョコレートクランチ」など、あんず商品が
50品ほどあるそうです。まさに”あんず天国”です。

暖かくなってきて出かけやすい季節。
ちょっとその辺までいかがでしょうか。