稲葉 陽子

11/16 カラダWEEKで“ご当地体操”

今週は“自分の体を好きになる”をテーマに

日本テレビ系列で様々な企画をお送りしていますが、

あすの『報道ゲンバFace』では“ご当地体操”をご紹介します。

 

3年程前から

県が掲げる健康づくり県民運動『信州ACEプロジェクト』の一環として取り組んでいる

ご当地体操コンテスト。

 

昨年度、グランプリに輝いた

佐久穂町の『地域いきいき健康クラブ』の皆さんを訪ねました

 

教えてくれたのは、

高校で体育を教えていた経験を持つ鳥川寛子さん。

最初に、準備運動ということで柔軟体操を。

座って膝を伸ばした状態で足を掴みたいのですが…

日頃の運動不足がたたり「痛い、イタタタタ

出来ませんでした

 

一方、鳥川さんは…

足を掴むどころか、

足を頭の後ろまで、いとも簡単に持っていったのです

衝撃でした

 

考案した体操は20曲以上。

今回は、地域の特色を出した『佐久穂物語』という曲に合わせた体操を教えてもらいました。

 

筋トレやストレッチを目的としていて、

普段伸ばさない筋肉をゆっくり伸ばしていきます。

音楽に合わせて体を動かすので、

体操や運動をしているというよりも

踊っている感覚に近いものがありました

教えていただいた『佐久穂物語』体操の魅力は他にもあります

詳しくは、あすの『報道ゲンバFace』をご覧下さい