稲葉 陽子

12/09 ファンサービスで貴重な光景?!

きょうは、パルセイロとファンの交流イベント『パル感』の取材へ

 

今年の『パル感』は、イベント盛り沢山でした

選手と対戦できるミニサッカーに、

卓球、綱引き、カードゲーム、トークショー等々…

 

どこから撮影を始めようか迷ってしまう程、

Uスタの各場所で魅力的な催しが開かれました

 

普段なかなか見られない選手たちの柔らかい表情と

サポーターの笑い声が会場を包みました。

 

今季も、何度も悔しい思いを共にしてきたと思いますが、

楽しい時間を共有することで

2017年シーズンを笑顔で締めくくることが出来たと感じました

 

 

そんな『パル感』で

強烈に印象に残ったシーンがいくつかあります。

 

◆綱引きで腰が引けている選手。

◆長い列を前に、全力でキノコ汁を振る舞う監督たち。

◆カードゲームで「UNO!」と口にした宇野沢選手。

 

どれも、普段ピッチで闘う姿からは想像が出来ない貴重な光景でした

企画したクラブ側の

「ファンを楽しませたい」という思いが込められていたと思います。

 

温かい雰囲気の『パル感』を見ていると、

やはり来季こそ、来季こそ絶対にJ2昇格を決めた最高の笑顔で、

シーズンを終えたいですね。

【12月3日:ホーム最終戦】