UP-うっぴぃ-グランプリ
第1回
『大鹿村では山で塩がとれるってホント!?』
写真
長野県の南部、深い山々に囲まれた美しい村、大鹿村。
ここは、四方を山に囲まれているのに、塩がとれるというんです!
さっそく3人が調査を開始!地域に伝わる不思議な塩をディスカバー!
写真
村内で情報をあつめる3人。
村の人たちの話では、塩はとても高価で、ここ一番の料理に使うとても貴重なものらしい・・・。
写真
台所の塩を拝見すると・・・普通の塩。
写真
それにしてもなぜ山で塩がとれる?
予想する3人。
写真
山なのに塩がとれる理由、それはこの不思議な水にあるのです!
地中の奥深くから、しょっぱい水が沸いている!
舐めると海水の様な塩気が!
この水を乾燥させると塩が出てくるというのです!
写真
土鍋で塩水を煮詰めていくと・・・
写真
これが大鹿村でとれる不思議な塩。
海水とは成分がちょっと違い、体についてもベタベタしないとのこと。
明治よりももっと前から愛用されている、この地域ならではの塩なのです。

※自家用以外の目的での製塩には国の許可が必要です
写真
因みに取材した温泉旅館「塩湯荘」さんのお風呂もこの塩水を利用。
温泉として認められた「しょっぱい温泉」であります。
写真
それにしても不思議なこの塩。
宿の女将さんオススメの食べ方は、アイスクリームに付けて食べるというもの!
塩アイスって感じですね。これがなかなかいけます!
普通の塩には無い、まろやかさと深みのある後味が、甘いアイスクリームですらおいしくしてしまうのです!
写真 写真
塩を使った豪華なお料理も堪能!
記念すべき第1回は、素敵な出会いたっぷりの旅となったのでした。
今月のトヨタU劇場
~毎月オススメの車を寸劇仕立てでご紹介します~
写真
今回の出演者は・・・取材でお世話になった塩湯荘の大女将さんと若女将さん、そしてりさぴょん。
写真 写真
写真
プリウスPHVは、最新鋭のプラグインハイブリッド。
電気自動車とハイブリッドカーの”いいとこどり”をした車なんです。
情報ワイド ゆうがたGet!
UP-うっぴぃ-グランプリTOPへ