『肺がん検診について』


2月24日(土) 放送
『肺がん検診について』
長野県医師会
野邑 敏夫 常務理事

肺がん検診では胸部エックス線検査を行い、タバコを吸う人は加えて
喀痰細胞診検査を行います。また最近では、胸部CT検査を行う人も増えています。
男女を問わず40歳を過ぎたら、年に1回は肺がん検診を受けるようにしましょう。