『知っておきたい肺がんのこと』


1月27日(月)~1月31日(金)
『知っておきたい肺がんのこと』
長野赤十字病院 呼吸器外科
小林 宣隆先生

一般的な肺がんの分類は3つあります。(1)がん細胞の大きさや形による分類
(2)発生部位による分類(3)病期による分類です。症状の現れ方や治療法の選択に
関連しますので知っておいたほうがいいでしょう。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『膀胱がんについて』


1月20日(月)~1月24日(金)
『膀胱がんについて』
安曇野市医師会
関 聡先生

膀胱とその下の尿道というくだ状の臓器は協力して尿を「ためる」・「出す」という
相反する仕事をしています。膀胱がんの手術療法で膀胱と尿道を摘出しないと
いけないことがあり、その場合日常生活に不都合が生じることがあります。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『医療における意思決定と人生会議』


1月13日(月)~1月17日(金)
『医療における意思決定と人生会議』
独立行政法人国立病院機構信州上田医療センター 緩和ケア内科
村上 真基先生

医師と患者の双方が納得して治療を行うのが医療における意思決定。病気やケガ
でこれができなくなったらどうでしょう。あらかじめ家族か信頼できる人と話し合う
のが人生会議で”アドバンス・ケア・プランニング”といいます。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『多発性骨髄腫の話』


1月6日(月)~1月10日(金)
『多発性骨髄腫の話』
信州大学医学部附属病院 血液内科
中澤 英之先生

骨髄は血液の工場で、その中にある形質細胞が異常に増えてしまう病気が
多発性骨髄腫です。腎臓の働きを悪くしたり、また腰痛がきっかけで見つかるなど
様々な症状で発見され、その後の経過も個人差があります。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『インフルエンザについて』


12月23日(月)~12月27日(金)
『インフルエンザについて』
厚生連南長野医療センター篠ノ井総合病院リウマチ膠原病センター
小川 英佑先生

北半球と南半球は季節が逆であったりなど、インフルエンザは地球上のどこかでは
常に流行しているのです。合併症を起こし重症になる人は高齢者や乳幼児など
おおよそ決まっていますので、きちんと治療や予防をすることを強くおすすめします。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『脂肪肝について』


12月16日(月)~12月20日(金)
『脂肪肝について』
佐久市立国保浅間総合病院 外科
尾形 哲先生

脂肪肝患者は国内で2000万人いると推定され、そのうちの約20%が脂肪肝炎に
なり、さらに5年で20%の方が肝硬変になることが知られています。ですが脂肪肝炎は
自覚症状がほとんどありません。脂肪肝とその改善方法についてお話します。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『消化器がんと悪性度』


12月9日(月)~12月13日(金)
『消化器がんと悪性度』
岡谷市民病院 外科
三輪 史郎先生

消化器は多岐にわたりますが、消化器外科が扱う消化器がんは食道以降の
臓器に発生したがんということになります。主なものは食道・胃・大腸・肝臓・膵臓・
胆道などのがんで、今回は進行度や悪性度などについてお話します。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。