狩野 亮 チェアスキー

2017年8月29日 放送
■チェアスキー 狩野 亮(31)

 
バンクーバー、ソチのパラリンピックで2大会金メダルを獲得した狩野亮選手。
長野市在住、現在、来年3月開催の平冒パラリンピックに向けてトレーニングを行っている。
狩野選手のトレーニングに密着。パラアスリートの哲学が明らかになる。
 
 
◆狩野 亮さんからのメッセージ◆
 
来年3月、平昌パラリンピックが開催されます。
バンクーバー、ソチと金メダルを獲得することができましたが、それらを過去のものとし、もう一度世界の頂点へ挑戦していきたいと思っています。
 
そしてずっと抱いているもう一つの大きな目標、それはパラスポーツのレベルをより高いものへと引き上げ、スポーツとしての魅力や価値を、皆さんに感じてもらえる様な世界を作っていきたいということです。
10年後20年後に、後輩たちが私たちの作り上げたそんな世界を引き継いでいけるよう、道を切り拓いて行きたいのです。
 
いつかパラスポーツ界の中でも、本物のスター選手が生まれるような世界にしたい。
そんな『いつか』の発想が、東京2020が決まり『近い将来』へと変わりつつある様な気がしてとても嬉しく思います。
しかし、そんな時だからこそ私たちは、今一度アスリートとしての自覚を抱き気持ちを引き締めなければいけないと感じています。
多くの方々の支えがあって今の私があることに感謝し、確固たる気持ちを胸にこれからも挑戦し続けたいと思います。
最後になりますが、3月に開催される平昌パラリンピック、私だけでなく日本チームのみんなを応援していただけたら嬉しく思います。
 

狩野 亮