特集

03/14 ワサビの花の肉巻きおにぎり

ライブ!出たとこ割烹
 
「ワサビの花の肉巻きおにぎり」
 
★材料★
・ワサビの花
・塩
・砂糖
 
・ご飯
・白ゴマ
・豚バラ肉
・塩
・コショウ
・おろしワサビ
 
★作り方★
 
~ワサビの花の下ごしらえ~
1.ワサビの花を5cmに切る。
2.塩を入れ揉む。
3.砂糖を入れ、繊維を壊すよう揉む。
4.耐熱密閉容器に入れ、熱湯をひたひたになるようにかけ、
 蓋をして一晩置くことで、辛味が出る。
 
~ワサビの花の肉巻きおにぎり~
1.下ごしらえをして、辛味の出たワサビの花を小さく刻む。
2.ご飯に、1のワサビの花、白ゴマを入れよく混ぜる。
3.ラップを使い、俵型のおにぎりを作る。
4.しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉で、おにぎりを巻く。
5.フライパンで、肉に火が通るまで焼く。
6.焼けたら、辛いワサビの花、おろしワサビをトッピングして完成。
 
 
★お問い合わせ★
大王わさび農場
TEL:0263-82-8112

03/13 歴男河合の街道を行く 眺めが楽しい歴史旅 千曲市

歴男河合の街道を行く

川中島の戦い!そのきっかけを作ったのは誰だ!?
敵に攻め込まれない工夫とは?眺めも楽しい歴史旅。
 
★今回ご紹介した場所★
千曲市観光協会
TEL:026-275-1326
 
さらしなの里歴史資料館
TEL:026-276-7511
 
荒砥城・城山史跡公園
TEL:026-275-6653
 


「名店のまかない」
 
「肉みそ」
 
【材料】
 
豚ヒレ肉切れ端(細かく刻む)<豚挽肉でも可> ………… 300g
信州味噌 ……………………………………………………… 150g
砂糖 …………………………………………………………… 75g
酒 ……………………………………………………………… 少々
白胡麻ペースト ……………………………………………… 少々
 
 
【作り方】
1.鍋に酒を入れ火にかける。
2.豚肉を入れて赤身が全体的に無くなってくるまで混ぜる。
3.味噌と砂糖を入れて混ぜる。
4.胡麻ペーストをお好みの量入れて、全体的に水気が無くなり、とろみが出てきたらできあがり。

03/10 長野市西鶴賀商店街ぶらり旅



長野市西鶴賀商店街には面白いがいっぱい!!
 
★今回ご紹介した場所★
トヨダ屋履物店
TEL:026-232-0657
 
千福
TEL:080-3008-8221
 
珈香
TEL:026-235-2932

03/09 須坂市の春は峰の手も借りたーい!


春の須坂でお手伝い!
ご褒美は泣く子も黙る名物団子♪
 
★今回ご紹介した場所★
JAながの須高営農部
TEL:026-245-0153
 
須坂市動物園
TEL:026-245-1770
 
コモリ餅店
TEL:026-245-0528

03/08 マンモウ&須東が行く!長野市若里 5000円の旅


意外な場所で味わえる絶品ランチに…?
長野市民必見!あの食堂の宿泊スペースに潜入!
 
★今回ご紹介した場所★
水野美術館
TEL:026-229-6333
 
四季彩 ミズノ
TEL:026-219-3522
 
お食事処 川端
TEL:026-226-3746
 
HANAICHI(ハナイチ)
TEL:026-224-0152
 
 


「お料理鉄人道場 奥さま挑戦!基本のキ ~いなりずし~」
 
料理の鉄人 大田流「いなりずし」

 
【鉄人レシピの材料(ご飯2合分)】
 
油揚げ ……………………………… 8枚
米 …………………………………… 1.5合分
いりごま …………………………… 適量
 
~油揚げ煮汁~
かつおだし ………………………… 600㏄
砂糖 ………………………………… 100g
濃口しょうゆ ……………………… 90㏄
 
~すし酢~
米酢 ………………………………… 大さじ2と1/2
砂糖 ………………………………… 大さじ1
塩 …………………………………… 小さじ3/4
昆布 ………………………………… 5cm角程度
 
 
【作り方】
1.長方形の油揚げ(あげ)を半分に切り、沸かした湯で2分程度「油抜き」をする。
 お湯から取り出し流水で洗い、油分を流し、絞り、水気をきる。
 閉じている部分を開き、裏返しておく。
2.油揚げを煮る煮汁の分量は「かつおだし200㏄・砂糖100g・濃口しょうゆ90㏄」。
3.底の広い鍋に「あげ」を扇上に並べ煮汁を入れ、落し蓋をして弱火で10分~15分煮る。
 味が染みたらトレーに入れ、水気をきっておく。
4.すし酢は「ご飯2合に対し、米酢大さじ2と1/2・砂糖大さじ1・小さじ3/4・昆布一片」。
5.炊きたてのご飯2合に、寿司桶、大きな皿やバットですし酢を合わせ、切るようにして
 混ぜ合わせる。
 全体に広げてうちわであおいで冷まし、いりごまを加える。
6.酢飯を俵状に握り、裏返しておいた「あげ」に詰めて完成。
 
※お好みで、すんき漬けや野沢菜を細かく切り、甘いシイタケ煮やゴボウ煮と一緒に酢飯
 に加えてもよい。