伊東 秀一

05/27 マスクで熱中症

えっ?といぶかる方もおられると思いますが、
あるんだそうです。「マスク熱中症」なるものが。

国が配布した布製マスク、通称アベノマスク=写真が
ようやく(!)手元に届いた私も、
この機会にあらためて知っておこうと思います。
           ✤
要は、マスクで口を覆っていることで
吐いた息(=体温とほぼ同じ35~36℃の空気)を
再び吸い込むことで体内に熱がこもって起きる。
これが「マスク熱中症」なのだそうです。
           ✤
脱水症状になれば喉が渇くのが自然な身体反応なのですが、
マスクは温度だけでなく呼気の湿気も口内に閉じ込めます。
つまり喉は常に潤っているため、喉が渇かないのだそうです。
でも脱水症状は起きている。これが怖いですね。
           ✤
きょうの「ゆうがたGet!」のゲスト、
長野赤十字病院救命救急センター長の
岩下具美(ともみ)医師に教えていただいた
3つの予防ポイントです。

1:意図的に水分補給
  (=喉が渇かなくても時間を決めて飲む習慣を)
2:徐々に汗をかく練習を
  (=外出自粛で体が外気の暑さに慣れていないため
      軽い運動から段階的に体を動かす習慣を)
3:首元を冷やす
  (=首回りを中心に肌の露出を多くすることで
       体内の熱を放出し体温を下げられる)

※近距離に人がいない広い空間であれば無理にマスクを
 着用しなくてもよいとのこと。暑い時にはマスクを外して
 自然の外気を吸うことも必要です。
           ✤
多くの方が初めて経験するであろう「マスク着用の夏」。
ウィルスだけでなく、暑さからも身を守る小まめな工夫を。