伊東 秀一

03/25 景色とランナー

 さきほど残念なニュースが入ってきた。
4月に予定されていた長野マラソンが【中止】と決まった。
夏の東京オリンピック【延期】が決まった翌日というタイミング。
やむを得ない判断と感じつつも、残念な感はぬぐえない。


【重機が動き続ける千曲川河川敷/長野市松代町岩野】


【流木が積まれた千曲川右岸/いずれもきょう午後撮影】

「今年の長野マラソンは被災地を見ながら走るんですよ」
ほぼ毎年完走している天龍村出身のランナーHさんの言葉だ。
彼女に言われてコース図を見てみれば、確かにそうである。
全行程42.195kmのうち、26km付近からは
千曲川の堤防道路を走るコースになる。
いくつかの橋を渡り、河川敷を左に右にと目線を変えながら、
時に川が視界から消えることもあるが、
おおむね39kmあたりまでは千曲川とほぼ平行している。
            ✤
「県外から来るランナーさんたちには見て欲しい風景ですね」
彼女がぽつりと口にした言葉が記憶に残っている。

 ボランティア、募金、物資の提供。
被災地支援のかたちは様々あるが、
現地を見て、触れて、知ってもらい、誰かに語り伝える。
それも、支援のひとつの姿ではないかと私は思う。
その意味でも、全国1万人が集う大会の中止は残念だ。
            ✤
 きょうの千曲川沿いは快晴。風はやや強かったが、
遥か西には残雪の北アルプスが真っ白に光っていた。
砂に覆われた河川敷では、今も休みなく重機が動いている