伊東 秀一

11/10 見逃した方、来週もやります!

 「ゆうがたGet!」私の解説コーナー「信州3分勝負」でご紹介した
認知症予防につながる“脳を鍛える”運動、ご覧いただけましたか?
というより、やってみました?と尋ねた方がいいかもしれません。
以下、私が描いた素人イラストをご参考に。

1:片手の指で輪をつくり、もう一方の手は人差し指を立てて下さい。
2:目線は前を向いたまま、その両手をゆっくりと頭上に挙げて下さい。
  この時に決して上を見てはいけません。
3:指で作った輪の中に、もう一方の手の人差し指を差し込んでみて下さい。
                ✤
 出来ましたか?これなかなか難しいんです。スタジオでも3人中2人は
「あれ?」「入んない」とブツブツ。
ただし出来ないからといって、イコール認知症ではありません。
これを繰り返すことによって“脳が鍛えられ”認知症予防につながるというもの。
要は、自分の身体(手足)の位置を、脳が捉えられることが大事なんだとか。
生放送では1回でクリアした「ふりをした」私ですが、
実は本番前、何度繰り返し練習したことか。
                ✤
 来週15日は今回の続編として、さらに多彩な“脳を鍛える”運動が登場。
専門の研究者がスタジオで指導して下さる予定です。
さあ、来週は運動が出来る支度をして、皆様テレビの前でお待ちください。