伊東 秀一

11/13 隠れマニアの注目

 来年用の手帳やスケジュール帳が文具店や書店の店頭に並び始めた。
私も、愛用しているM社の1日1ページという「大きめ✕厚め」の1冊を
先日、東京出張のついでに購入してきた。
                 ✤
 ところで!長野県の県民手帳が全国都道府県の手帳の中で売り上げ1位というのは、
昨年末あたりのニュースでご存知の向きも多いのでは。では、その県民手帳の表紙が
「2色」になったのは、さてご存じだろうか。

 写真右は従来と同じデザイン。で、左の表紙である。発行元の長野県統計協会によると
「アップルグリーン」と呼ぶカラーらしい。リンゴ産地信州らしい命名だなとしばし感心。
                 ✤
 手帳は毎日使うものだけに、特に「メモ魔」や「書き魔」と呼ばれる人たちは
かなりのこだわりを持っておられると聞く。中身のレイアウトだけでなく
表紙の色も「いや、昔ながらが良い」という人も少なくないのだろう。
この「新色」県民手帳、売り上げ日本一の人気を、さらに後押しするかどうか。
“隠れ手帳マニア”の私は、この年末年始、実は密かに気になっている。