伊東 秀一

06/04 連鎖を止める

 川崎市の小学生殺傷事件が、自分の息子を殺す引き金になった・・・。
自宅で引きこもっていた息子を殺害した元官僚が、
こんな趣旨の供述をしたことが報道された。
 同様の事件を息子が起こす前に・・・と考えたのだという。
これを親心と呼んでいいのかどうか、私にはわからない。
            ✤
 佐久市で、胎盤がついたままの乳児が遺棄されていた事件で、
母親とみられる34歳の女が逮捕された。
 「ゆうがたGet!」できょうから始まる新解説コーナー
『秀一のNEWS一本勝負』の初回は、これを取り上げる。
どんな事情があったにせよ小さな命を置き去りにすることは
許されることではない。
 ただ、この事件を別の角度=母側の目線で見てみると、
違ったものが見えてくる気がする。
            ✤
 仮に、産んだけれど経済的に育てられない場合、
思いがけない妊娠(望まない妊娠)をしてしまった場合、
誰にも相談できず独りで抱え込む女性が少なからず
いるのではないかと考える。
 こうした女性たちに「まず相談を」という狙いから
この春、県が開設した相談窓口があることをご存じだろうか。
            ✤
【にんしんSOSながの】で検索を。
【電話:0120-68-1192】

上田市にある乳児院が実際の窓口になっていて、
電話とメールでの相談を24時間・年中無休で受けてくれる。
対応するのは福祉専門の女性スタッフ。
相談は匿名で可能、秘密は守られる。
            ✤
 逮捕された無職の女がこれに合致する境遇だったかどうかは
今後の捜査を待たなければならない。だが少なくとも、上記の
「川崎⇒元官僚」事件のような負の連鎖は止めなくてはならない。
 大事なのは「独りで抱え込まない」こと、そして
「相談できる場がある」ことを、まず知ってほしい。