厚芝 智行

03/23 取材前と取材後

先日、『ゆうがたGet!』の取材で大町市にお邪魔しました。
ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました。放送が無事終わりました。
雄大な自然が生み出す大町の魅力を今回たくさん体感しました。

その中で、大町山岳博物館へ。
そこで行われるニホンライチョウ一般公開の初日とロケ日が一致。
ぜひとも行かせてほしいとお願いし、取材が実現しました。
大町山岳博物館でのニホンライチョウ一般公開は15年ぶりだそうです。

行って改めて感じたのは、実際に行くことでさらに見えてくるということです。
ニホンライチョウの公開は、多くの方にニホンライチョウの現状や保全の取り組みを知ってもらうが目的だそうです。
ニュース等で現状をわかっているつもりでしたが、プロの方にお話を聞けるだけでなく、実際に見ることでさらに関心が高まったりそこからまた調べたり、取材前と後ではニホンライチョウの見方や考え方が変わりました。
取材が仕事ですので何回もしているはずですが、今回特に痛感しました。

もうすぐ新年度ですね。
この思いを忘れずに、4月からも信州を駆け回ろうと思います。