『検診での血液検査の見方』


5月25日(土) 放送
『検診での血液検査の見方』
長野県医師会
小池 健一 理事

血液中のコレステロールが高いと心筋梗塞などを起こす危険性が高くなります。
特に、家族もコレステロールが高い方は、若くても動脈硬化が進む家族性高コレステロール血症の疑いがあります。悪玉コレステロールには血管の壁に入り込みやすい小型のものがありますが、
最近、血液検査で調べることができるようになりました。