『子どもの事故を予防しよう』


3月18日(月)~3月22日(金)
『子どもの事故を予防しよう』
厚生連佐久総合病院小児科
坂本 昌彦先生

小さな子どもは自分が溺れたことを認識できないため、大人よりもより早く静かに
溺れることを知っておきましょう。どこに危険があるのか、溺水と誤飲について
子どもの事故予防についてお話します。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『糖尿病による合併症を防ぐには』


3月11日(月)~3月15日(金)
『糖尿病による合併症を防ぐには』
諏訪赤十字病院糖尿病・内分泌内科
小林 正稔先生

糖尿病は血管をはじめとする全身の臓器に合併症をきたす病気です。
目・腎臓・神経の合併症が糖尿病の3大合併症と言われるものですが、糖尿病の治療目的は
将来の合併症を予防することにあることを理解しましょう。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『妊婦健診って何をするの?』


3月4日(月)~3月8日(金)
『妊婦健診って何をするの?』
松本市立病院産婦人科
田村 充利先生

妊婦健診は定期的に受けていただくことで、お母さんの健康状態と赤ちゃんの
発育状態をチェックし、安心・安全に妊娠期間を過ごすことが目的です。検査は
毎回行うものと、時期に応じて行うものに分かれます。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『前立腺がん』


2月25日(月)~3月1日(金)
『前立腺がん』
長野市民病院泌尿器科
小口 智彦先生

前立腺は男性にだけある臓器です。がんと診断された場合、進み具合(病期)を
調べる検査を行います。これにより病期を正確に把握したうえで、年齢や既往症など
患者さんの状態に合った治療を選択することになります。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『胃がん・大腸がん検診について』


2月18日(月)~2月22日(金)
『胃がん・大腸がん検診について』
飯田医師会
下平 隆寛先生

胃がん検診は、がん検診の中で肺がん検診の次に受診率が高いですが、
それでも検診対象者の半数以上が未受診です。今回は胃と大腸のがん検診に
ついて、検査の方法とともにがん検診の大切さについてお話します。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)』


2月11日(月)~2月15日(金)
『TAVI(経カテーテル大動脈弁留置術)』
長野赤十字病院心臓血管外科
高野 環先生

4つの部屋がある心臓。それぞれに逆流防止弁がついています。4つの弁のうち
大動脈弁と僧帽弁の病気が重要で、心臓血管外科では主にこの2つの弁の手術
をしますが、胸を大きく開けないカテーテルによる方法についてお話します。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『てんかんについて』


2月4日(月)~2月8日(金)
『てんかんについて』
信州大学医学部附属病院てんかん外来
福山 哲広先生

脳は電気の活動で働いています。普段は穏やかなリズムで動いている脳の
電気活動が突然乱れることによって起きるのが「てんかん発作」。誰もが
かかる可能性があるありふれた病気です。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。