『手足のつっぱりの治療』


2月24日(月)~2月28日(金)
『手足のつっぱりの治療』
組合立諏訪中央病院リハビリテーション科
前原 学先生

手足の筋肉のつっぱりは脳梗塞の後遺症や、事故による脊髄損傷などでもありえ
ます。治療はリハビリテーション・飲み薬・ボツリヌス療法・ITB療法・手術などがあり
ますが、筋肉を伸ばすいわゆるストレッチは自宅で毎日行うことが大切です。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『膵がんの話』


2月17日(月)~2月21日(金)
『膵がんの話』
松本市医師会
新倉 則和先生

膵臓は胃や腸との位置関係から腹部エコーで観察しづらい臓器です。手術可能な
早期の状態では無症状のことが多く膵がんは予後の悪い病気ですが、
治療成績は徐々によくなってきています。膵がんの今についてお話します。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『痔について』


2月10日(月)~2月14日(金)
『痔について』
長野市医師会
彦坂 興博先生

肛門周辺の病気をまとめて「痔」と呼んでいますが、一般的にはいぼ痔、切れ痔、
痔ろうという3つの病気が含まれています。痔は日本人の3人に1人が悩んだことが
あると言われている身近な病気で、なりやすい生活習慣があります。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『手術が必要になる腹痛について』


2月3日(月)~2月7日(金)
『手術が必要になる腹痛について』
昭和伊南総合病院 外科
北原 弘恵先生

急激に発症した腹痛の中で緊急手術を含む迅速な対応を要する腹部疾患群を
急性腹症といいます。これには胆石症を原因とするものや小腸・大腸が閉塞して
しまう腸閉塞、また消化管に穴があいてしまう穿孔など様々な疾患があります。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『知っておきたい肺がんのこと』


1月27日(月)~1月31日(金)
『知っておきたい肺がんのこと』
長野赤十字病院 呼吸器外科
小林 宣隆先生

一般的な肺がんの分類は3つあります。(1)がん細胞の大きさや形による分類
(2)発生部位による分類(3)病期による分類です。症状の現れ方や治療法の選択に
関連しますので知っておいたほうがいいでしょう。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『膀胱がんについて』


1月20日(月)~1月24日(金)
『膀胱がんについて』
安曇野市医師会
関 聡先生

膀胱とその下の尿道というくだ状の臓器は協力して尿を「ためる」・「出す」という
相反する仕事をしています。膀胱がんの手術療法で膀胱と尿道を摘出しないと
いけないことがあり、その場合日常生活に不都合が生じることがあります。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『医療における意思決定と人生会議』


1月13日(月)~1月17日(金)
『医療における意思決定と人生会議』
独立行政法人国立病院機構信州上田医療センター 緩和ケア内科
村上 真基先生

医師と患者の双方が納得して治療を行うのが医療における意思決定。病気やケガ
でこれができなくなったらどうでしょう。あらかじめ家族か信頼できる人と話し合う
のが人生会議で”アドバンス・ケア・プランニング”といいます。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。