『「緩和ケア」について知っておきたいこと』


9月30日(月)~10月4日(金)
『「緩和ケア」について知っておきたいこと』
諏訪赤十字病院緩和ケア内科
栗崎 功己先生

緩和ケアという言葉はがんで終末期を迎えた患者の治療の場面でよく耳にします。
緩和ケアの考え方はここ20年くらいで大きく変わってきました。がんと診断された
その時から受けるものということです。がんに伴う痛みに対するケア、副作用に
対してのケア。さらに心の痛み、つらさにも対応します。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。