『手術ができる認知症』


5月27日(月)~5月31日(金)
『手術ができる認知症』
厚生連長野松代総合病院脳神経外科
中村 裕一先生

正常圧水頭症、慢性硬膜下血腫、脳腫瘍などによる認知症は手術治療が可能です。
特発性正常圧水頭症は初期に歩行障害をきたすことが多く、左右の足の幅が広くなり、
ゆっくりしか歩けなくなります。こうした場合、脳を圧迫している脳脊髄液を
手術で脳の外に流れを変える治療があります。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『抗加齢医療における形成外科の役割ー美と長寿ー』


5月20日(月)~5月24日(金)
『抗加齢医療における形成外科の役割ー美と長寿ー』
佐久医師会
中村 健先生

抗加齢医療、いわゆるアンチエイジングは時計の針を止めることではなく、
針を少し戻して、その進みを遅らせることです。老化を科学的に分析して、
その予防を実践する予防医学といえます。形成外科医は見た目の悩みを
解決することで、少しでも前向きな気持ちになってもらえるよう診療しています。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『肩・肘・手の関節鏡手術』


5月13日(月)~5月17日(金)
『肩・肘・手の関節鏡手術』
岡谷市民病院整形外科
鴨居 史樹先生

関節鏡手術は小さなカメラを使って体の奥で直接見ることが難しい関節内の
治療を行うことができます。また、小さな傷からカメラを挿入して治療を行うため
患者さんへの負担を少なくすることができます。それによって、患者さんは
社会復帰を早く行うことができます。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『不整脈の治療について』


5月6日(月)~5月10日(金)
『不整脈の治療について』
社会医療法人財団慈泉会相澤病院循環器内科
小口 泰尚先生

正しい脈でない場合すべてを不整脈と言います。正しい脈とは心臓の上の部屋が
1分間に50~100回程度規則的に興奮して作られる脈です。不整脈には脈拍数が
1分間に50回未満の徐脈と100回以上の頻脈があり、さまざまな治療法があります。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。