『急性白血病について』


5月25日(月)~5月29日(金)
『急性白血病について』
長野赤十字病院 血液内科
植木 俊充先生

急性白血病とは一言でいうと血液細胞ががん化した病気です。骨髄の中で白血病
細胞が増加して正常な血液細胞の増殖が妨げられ、血液がうまく作れなくなります。
種類は大きく分けて急性骨髄性白血病、急性リンパ性白血病の2つがあります。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『強迫性障害について』


5月18日(月)~5月22日(金)
『強迫性障害について』
更級医師会
福家 知則先生

強迫性障害とは「不安」を主な症状とする精神疾患で、具体的には鍵のかけ忘れや
ガスの消し忘れなどから事故や災害が起きるのではと何度も確認する確認強迫です。
治療には精神療法と薬物療法があり、悪循環を断ち切ることがポイントです。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『変形性股関節症について』


5月11日(月)~5月15日(金)
『変形性股関節症について』
佐久市立国保浅間総合病院 整形外科
角田 俊治先生

股関節は歩行や日常生活を支える重要な役割を果たしています。ここに痛みがでる
病気には変形性股関節症のほかにも色々あり、それぞれ治療方法が異なりますので、
自分の判断で治療をするとかえって悪化させてしまう可能性もあります。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『麻酔科医が行う痛みの治療』


5月4日(月)~5月8日(金)
『麻酔科医が行う痛みの治療』
諏訪赤十字病院 麻酔科
坂本 明之先生

手術の全身麻酔は十分な「鎮痛処置」と必要最低限の「鎮静処置」が良い全身麻酔
の秘訣と言われます。麻酔科医は手術麻酔を通して「鎮痛」という分野を探求し、
痛みの治療を得意としています。手術室の外での麻酔科医を紹介します。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。