特集

07/11 歴男河合の街道を行く! 歴男が迫る信濃町の謎

歴男河合の街道を行く
160711_toku
北国街道、信濃町に行ってきました!
50年間続く野尻湖発掘の成果が展示されている博物館や、
信濃町生まれの俳人、小林一茶に注目してきました!
 
★今回ご紹介した場所★
野尻湖ナウマンゾウ博物館
TEL:026-258-2090
 
一茶記念館
TEL:026-255-3741
 


「お料理鉄人道場 奥さま挑戦!基本のキ ~冷やし中華編~」
 
料理の鉄人 大田流「冷やし中華」
160711_02_toku

 
【作り方】
<手順1> 冷やし中華「ササミ」の使い方
1.鶏ササミ(適量)をボウルに入れ、ショウガ・砂糖・塩・酒(各適量)を合わせてもみ込む。
2.お湯(約70℃)で表面の色が白く変わる程度に洗う。
3.別の小鍋に移し約70℃で5分程度煮る。(保温性の良い鍋の場合火を止めて保温調理)
4.ゆで終わったらザルにとりほぐして完成。(冷水にはつけない)
 ※調味料で味をつけ臭みをとる効果。
 
 
<手順2> 冷やし中華「キュウリ」の板ずりの方法
1.まな板の上に両端を切ったキュウリをおいて塩をたっぷりふり、両手で転がし洗う。
2.1本を3つに切って湯通しして色をとめる。
 ※表面のトゲや産毛をとる・アクを抜く・青臭さを和らげる・味がしみこみやすくなる等の効果。
 
 
<手順3> 冷やし中華「錦糸卵」の使い方
1.フライパンを熱し、濡れ布巾で冷ましてから使う。
 目安は手をかざしてもすぐに熱くならない程度。
2.タマゴをザルで溶き、かたくり粉を少々入れフライパンを傾けて均一に流し広げる。
3.表面に気泡ができたら裏返し焼く。
 (裏返す時は箸をフライパンの上に置き、支点にして回し取る)
 
 
<手順4> 冷やし中華「麺とタレ」の使い方
1.麺はほぐしてからゆで、ザルに上げ流水で手早くもみ洗いし水気をよくきる。
2.タレにはダイコンおろしや、すだちの絞り汁を入れても良い。
 
 
<手順5> 具材を合わせて完成