03/21 長芋ソテー ホウレン草ソース

03/21 長芋ソテー ホウレン草ソース
大口知子のおっ!ススメ簡単レシピ
190321_reci.jpg
★材料 2人分
長芋
100g
塩・コショウ
適量
薄力粉
適量
バター
15g
ほうれん草
3株
お湯
50cc
オリーブ油
大さじ1
小さじ1/3
トマト
1/2個
フレンチドレッシング(市販)
大さじ1
粗挽きコショウ
適量

1.長芋は皮をむき、2センチの輪切りにして塩・コショウをふり、薄力粉をまぶす。

2.フライパンにバターをひいて熱し、長芋に焦げ目がつくまで火を通す。

3.ほうれん草はゆで、葉と茎をわけておく。
葉の部分のみオリーブ油、塩、お湯をミキサーに入れ混ぜる。

4.皿にほうれん草のソースを敷き、長芋を盛り付ける。

5.トマトを角切りにし、ほうれん草の茎の部分をみじん切りして混ぜ合わせ、
フレンチドレッシング、粗挽きコショウを加えて混ぜ、皿の端に添える。

03/20 こんにゃくと鶏肉の中華炒め

03/20 こんにゃくと鶏肉の中華炒め
草間順子のホッとする味!母の味
190320_reci.jpg
★材料 2人分
こんにゃく
小1枚
しょう油
大さじ1
オイスターソース
小さじ1
鶏もも(皮なし)
150g
塩・コショウ
適量
ゴマ油
大さじ1
ショウガ(みじん切り)
小1片
ゆでタケノコ
50g
生キクラゲ
50g
ガラスープ
150cc
細ネギ
4本
水溶き片栗粉
適量

1.こんにゃくは一口大にスプーンでちぎって茹でる。乾煎りしてしょう油、オイスターソースを絡める。

2.鶏肉は小さ目の一口大に切り、塩・コショウを振って、ショウガとゴマ油で炒める。

3.2にキクラゲ、ゆでタケノコ(薄切り)を加えて炒め、ガラスープを加える。

4.1を加えて混ぜ、細ネギ(2cm切り)を加え、水溶き片栗粉を加えてとろみをつける。

5.盛り付ける。

03/19 カリフラワーとエビの春色蒸し

03/19 カリフラワーとエビの春色蒸し
西野周子の今晩ときめきオシャレシピ
190319_reci.jpg
★材料 2人分
カリフラワー
1株
冷凍むきエビ
80g
ナガイモ
40g
~A~
卵白
1個分
ショウガ
小さじ1
小さじ1
ひとつまみ
片栗粉
大さじ1
~B~
だし汁
500cc
薄口しょう油
大さじ2
みりん
大さじ2
水溶き片栗粉
大さじ2

1.カリフラワーは根元の部分をくり抜いて、鍋に湯を沸かして、カリフラワーを入れて2分茹でたら、
上下を返して、さらに2分程茹で、かた茹でしておく。(計4分)

2.解凍したエビを包丁で細かく刻み、ボウルに入れ、すりおろしたナガイモ、Aを入れて混ぜ合わせる。

3.1のくり抜いた部分に2を詰める。

4.鍋にBを入れて、3を入れて弱火で落し蓋をして15分煮て、カリフラワーに火が通ったら火を止めて、
取り出して皿に盛り、水溶き片栗粉を加えて、再度煮立たせトロミがついたらカリフラワーに
あんをかけて完成。

03/18 サバのすし酢がけドライカレーソース

03/18 サバのすし酢がけドライカレーソース
保田雅広のおいしさトレビアン!
190318_reci.jpg
★材料 2人分
サバ
1尾
薄力粉
適量
揚げ油
適量
すし酢
大さじ1
鶏ひき肉
150g
タマネギ(みじん切り)
1/2個
オリーブ油(エキストラバージン)
適量
カレー粉
大さじ1
牛乳
100cc
トマトケチャップ
大さじ2
ウスターソース
大さじ2
小さじ1
オリーブ油(エキストラバージン)
適量

1.サバは3枚におろし、中骨と腹骨を取って、薄力粉をつけて190℃の油で揚げ、
熱いうちにすし酢をかける。

2.フライパンにオリーブ油を熱し、タマネギのみじん切りを加えて、しんなりするまで炒め、
一度熱湯を通した鶏ひき肉、カレー粉、牛乳、ケチャップ、ウスターソースを加えて強火にして、
水分がなくなるまで煮込み、塩で調える。

3.盛り付けは、皿の中央に1のサバを置き、その上から2をかけ、オリーブ油をかける。

03/15 こりゃめでタイ!土鍋ご飯

03/15 こりゃめでタイ!土鍋ご飯
中村一子のどにちはお気軽ヤミ~
190315_reci.jpg
★材料 4人分
1尾
大さじ1
2合
だし汁
2カップ
薄口しょう油
大さじ1
日本酒
大さじ2
みりん
小さじ1
みつ葉
ひとつかみ

1.鯛は塩を全体に振り、30分冷蔵庫に入れておく。

2.米は洗いザルにとり、30分おく。

3.1の鯛は強火で焦げ目がつく位に焼く。火が通っていなくても良い。

4.土鍋に米、だし汁、薄口しょう油、日本酒、みりんを入れ混ぜて、焼いた鯛をのせ、
フタをして強火にかける。沸騰したら弱火で12分、火を止めて10分蒸らす。

5.鯛を取り出し、身を大きめにほぐし、みつ葉を混ぜ、鯛の身を崩さないように和えて頂く。

1  2  3  4  5  6