12/11 鶏肉とゴボウの山椒煮

12/11 鶏肉とゴボウの山椒煮
西野周子の今晩ときめきオシャレシピ
181211_reci.jpg
★材料 2人分
鶏もも肉
250g
ゴボウ
1本
コンニャク
1/2枚
サラダ油
適量
~調味料~
だし汁
1カップ
みりん
大さじ2
しょう油
大さじ2
砂糖
大さじ1/2
大さじ2
小さじ1/4
山椒佃煮
大さじ1

1.鶏肉は、一口大に切る。
ゴボウは皮をむいて5ミリ幅の厚さに斜め切りし、水にさらしてアクを抜き水気をよく切る。
コンニャクは6~7センチ幅に切り、真ん中に3センチ程の切り目を入れて綱の形にする。

2.小鍋にサラダ油を熱して、鶏肉を炒めて焼き色がついたら、ゴボウ、コンニャクを
入れて炒めて、調味料を加えて、煮立ったらアクをとって落し蓋をして中火で12~13分程煮て、
野菜が柔らかくなるまで煮る。

12/10 豚バラ肉のから揚げ 白辛ソース

12/10 豚バラ肉のから揚げ 白辛ソース
保田雅広のおいしさトレビアン!
181210_reci.jpg
★材料 2人分
豚バラブロック肉
150g
塩・コショウ
少々
おろしニンニク
少々
白ワイン
大さじ1
コーンスターチ
大さじ2
揚げ油
適量
~ヨーグルトソース~
プレーンヨーグルト
大さじ2
マヨネーズ
大さじ1
七味唐辛子
小さじ1/2
ハチミツ
小さじ1
お好みの野菜
適量

1.ポリ袋に適当な大きさに切った豚バラブロック肉と、塩・コショウ、おろしニンニク、白ワインを入れてよく揉んでおく。

2.1にコーンスターチ(片栗粉)を加え、全体に絡まるように混ぜ込む。

3.約180度の揚げ油で揚げる。

4.揚げている間に、ヨーグルトソースの材料を混ぜ合わせ、ソースを作る。

5.皿に適当な野菜を盛り付け、3のから揚げを盛り付け、好みの量のヨーグルトソースを添え、完成。

12/07 シャケ田楽カリカリごぼう添え

12/07 シャケ田楽カリカリごぼう添え
中村一子のどにちはお気軽ヤミ~
181207_reci.jpg
★材料 2人分
生シャケ切り身
2切れ
大さじ1
小さじ1/4
片栗粉
適量
サラダ油
大さじ1
~A~
味噌
大さじ1と1/2
マヨネーズ
小さじ2
みりん
小さじ2
砂糖
小さじ2
ごぼう
1本
揚げ油
適量
小松菜(茹でたもの)
1株

1.シャケ切り身、酒、塩につけておく。

2.片栗粉を全体につける。

3.フライパンにサラダ油を入れ、2のシャケを少し色がつくように焼く(約5分)

4.Aを混ぜておく。

5.3のシャケの上にAをぬり、オーブントースターで焦げ目がつくまで焼く。

6.ごぼうはピーラーで細かくささかきにし、水にさらし水気をペーパーでしっかりとり、フライパンに2cmほどの揚げ油でカリカリに揚げる。
(シャケに使った片栗粉を少しまぶすとカラリと揚がる)

7.お皿にごぼう、シャケを置き、4cm長さに切った小松菜を添える。

12/06 簡単!うまみたっぷり白菜の浅漬けと豚炒め

12/06 簡単!うまみたっぷり白菜の浅漬けと豚炒め
大口知子のおっ!ススメ簡単レシピ
181206_reci.jpg
「白菜の浅漬け」
<★材料>
白菜の葉
1/2株分
1リットル
昆布
5センチ
赤唐辛子
1本
大さじ2
大さじ2
和風だしの素
大さじ1

<作り方>

1.水、細かく切った昆布、輪切りにした赤唐辛子、酒、塩、和風だしの素を鍋に入れて火にかける。
沸騰したら火を止めて、そのまま粗熱をとる。

2.白菜は、葉と芯に分け、葉はざく切りにして、粗熱が取れた1に入れて落し蓋をする。

「豚炒め」
<★材料 2人分>
白菜の芯
1/2株分
豚こま切れ肉
150g
薄力粉
適量
ゴマ油
大さじ1
めんつゆ
大さじ2
細ネギ
2本

<作り方>

1.豚こま切れ肉は、薄力粉をまぶす。

2.ゴマ油をひいたフライパンに入れて焼く。

3.食べやすい大きさに切った白菜の芯を加えて炒め、めんつゆを加えて水分が少なくなるまで炒める。

4.器に盛り、小口切りにした細ネギを散らす。

12/05 正月の黒豆煮

12/05 正月の黒豆煮
草間順子のホッとする味!母の味
181205_reci.jpg
黒豆
300g
砂糖(氷砂糖)
250g
小さじ1
しょう油
小さじ1
水(湯)
2リットル
重曹
小さじ1/2
漬物用の鉄
1個

1.鍋に湯を沸かし、この間に黒豆を洗う。

2.湯が沸騰したら、砂糖、塩、しょう油を加え火を消す。
重曹、漬物用の鉄、黒豆を加え、そのまま一晩おいて豆を戻す。

3.次の日、そのまま火にかけ沸騰させ、アクを除き、
紙蓋をしてコトコト煮る。(アクを除く→煮汁が少なくなったら水を足す)
5~6時間かかる。(親指と小指で豆がつぶれるまで)

4.そのまま冷まして味を含ませる。紙蓋をはずし、空気に触れさせる。
(黒さが足りない時は、再び静かに火を入れると黒くなる)

前の5件 1  2  3  4  5  6  7