高級ブドウの枝無許可で販売「ナガノパープル」県外の男性2人を書類送検「小遣い稼ぎのために」【長野】

この記事をシェア

  • LINE
長野 2022.11.21 18:00

県が開発した高級ブドウ「ナガノパープル」の枝を無許可で販売した種苗法違反の疑いで警察は21日、県外に住む男性2人を書類送検しました。

種苗法違反の疑いで書類送検されたのは神奈川県に住む36歳の農業の男性と大阪府に住む27歳の派遣社員の男性です。

警察によりますと2人は、それぞれ県外で長野県が開発した「ナガノパープル」を栽培し剪定した枝をフリーマーケットアプリを使って販売した疑いが持たれています。

種苗法は開発者の許諾なく新しい品種を無断で増殖や栽培させないためのものでこの法律の違反での摘発は県内では初めてだということです。

2人は「小遣い稼ぎのためにやった」と容疑を認めています。