映画監督 山崎貴の世界

【開催日時】
2023年 7月15日(土)~10月29日(日)
※月曜休館(祝日の場合翌平日)、ただし8月中は無休

【会場】
松本市美術館 企画展示室

~山崎貴監督プロフィール~ YAMAZAKI TAKASHI
1964年、松本市生まれ。
松本県ケ丘高校を卒業後、阿佐ヶ谷美術専門学校で学ぶ。
2000年『ジュブナイル』で監督デビュー。CGによる高度なビジュアルを駆使した映像表現・VFXの第一人者。『ALWAYS 三丁目の夕日』(05)では、心温まる人情や活気、空気感を持つ昭和の街並みをVFXで表現し話題になり、第29回日本アカデミー賞最優秀作品賞・監督賞など12部門を受賞。『永遠の0』(13)、『STAND BY ME ドラえもん』(14)は、それぞれ第38回日本アカデミー賞最優秀作品賞ほか8部門、最優秀アニメーション作品賞を受賞。日本を代表する映画監督の一人として数えられる。最新作は『GHOSTBOOK おばけずかん』(2022年7月公開)。

【主催】
松本市美術館、TSB テレビ信州

【特別協力】
株式会社 白組

【協力】
一般社団法人 松本映画祭プロジェクト

詳しくは松本市美術館のホームページをご確認ください