藤原 里瑛

08/04 観光地の奮闘

今週の6日(木)は、読売新聞の長野県版に私が連載している
コラム「マイチャン。な日々」の月1回の担当日。

普段の放送や取材で感じたこぼれ話などを書いていますが
今回は、新型コロナウイルスの影響を受けながらも
奮闘し続ける観光地の取材談を書きました。

写真は、「合宿の聖地」とも言われている上田市菅平高原を取材した時のもの。
旅館組合の若手が中心となって、「聖地」を存続するための取り組みを進めています。

詳しくは、6日(木)の読売新聞県内版の「マイチャン。な日々」をご覧ください。

(紙面の都合により、掲載日が変更になる可能性があります。)

08/03 スタミナをつけて

8月に入って梅雨が明け、一気に夏らしい日差しが届くようになりました。
家にいるだけで、汗が出てきて早くもバテてしまいそう…

スタミナをつけるために「土用の丑」の前後に、奮発してウナギを食べに行ってきました。

実は、子供の頃からウナギの食感や香りが苦手だったのですが、近年になって食べられるように。

大人になると味覚が変わってくることを実感。

 
また、苦手だと思っているものでも、時々挑戦してみることにしています。

 
皆さんも、バランスの良い食事をしっかりとって夏バテしないように注意してください。
また、暑い日には、こまめな水分補給など熱中症への対策もお願いします。

07/02 真っ赤な宝石

先日、知人から届いたサクランボ。

 

箱を開けると、ツヤツヤの真っ赤な宝石が詰まっていて感動しました。

これは須坂市産の「紅秀峰」(べにしゅうほう)という品種。

張りがあって、食べ応えのある大きな粒のサクランボでした。

サクランボの収穫量1位は山形県ですが、信州にもおいしいサクランボが♪

 

是非、みなさんも季節の味を楽しんでください。

07/01 新生活様式…職場にも

読売新聞長野県番に、月に1回連載しているコラム「マイチャン。な日々」

今回は、職場でも実践されている新型コロナの感染予防策について書きました。

明日2日(木)の紙面に掲載予定です。
(大きな事件・事故があった場合、掲載日が変更になる可能性があります)

 
新聞に掲載されている写真以外にも、こちらも感染予防策の一つ。

 

 

「news every.」のスタジオ内での感染予防策。

以前は、近い距離で並んでいたキャスター席を、大型モニターを挟んで距離を開ける形にしました。

お互い手を伸ばしても届かない距離、2メートルは十分にあります。

 
皆さんも、「うつらない、うつさない」ために、自宅でも職場でも今できることの実践をお願いいたします。

06/09 新しい生活様式で働き方も…?

先日、取材でお世話になった生花店から送っていただいたダリア。

シックな色合いが、とても素敵です♪

 

なんの取材でお世話になったかというと、「県内企業の働き方改革」の特集です。

この生花店でも、従業員の働きやすい環境づくりや労働時間の短縮のため、様々な工夫をしているとのこと。

 

また、新型コロナウイルスの流行以降、政府の専門家会議が提言している「新しい生活様式」では、テレワークやオンラインの活用といった働き方のスタイルも提案しています。

県内企業はこれを受けて、どんな働き方に変わってきているのか取材しました。

今夜の「news every.」(午後6時15分~7時)で放送予定です。ぜひ、ご覧ください。

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

おまけの写真は、飯山市産のシャクヤク。

最近は、家にいる時間が長いので、花に癒しをもらっています♪

ちなみに、日ごとに開花が進み、色も変化していっている様子も楽しみました。