『HPVワクチン(子宮頚がん予防ワクチン)』

211225.jpg

12月25日(土) 放送
『HPVワクチン(子宮頚がん予防ワクチン)』
長野県医師会
鈴木 章彦 常務理事

ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が原因の子宮頚がん。予防ワクチンの積極的
勧奨の中止で接種率が一気に1%未満に下がってしまった経緯があります。8年半の
空白を経た勧奨再開決定。社会をあげてワクチン接種の気運が高まることを望みます。

『かかりつけ医の役割』

211127.jpg

11月27日(土) 放送
『かかりつけ医の役割』
長野県医師会
森 浩二 常務理事

かかりつけ医は患者本人だけでなく、その家族や家庭環境までも良く理解し、身体のみ
でなく精神的な面でもサポートできる存在です。契約書や届け出の書類も不要です。
自分が信頼できると思った医師であればかかりつけ医と呼んでかまいません。

『新型コロナウイルスワクチン接種について』

211023.jpg

10月23日(土) 放送
『新型コロナウイルスワクチン接種について』
長野県医師会
若林 透 総務理事

高齢者への感染や重症化が抑えられ、新型コロナウイスルワクチン接種の効果が
明らかになっていますが、若年層ほど接種率が低いことがわかります。希望する方への
接種が一日も早く完了するよう、県内すべての医師会の多くの会員が協力しています。

『ACP「医療・ケアについての要望書」の書き方』

210925.jpg

9月25日(土) 放送
『ACP「医療・ケアについての要望書」の書き方』
長野県医師会
野邑 敏夫 副会長

自分の最期をどのように迎えるか考え、周りの人と相談し記録に残しておく「アドバンス
・ケア・プランニング」の略がACP。飯田医師会の例を用いて具体的な書き方をご紹介
します。これは一例ですので、お住いの医師会に問い合わせてみて下さい。

『働く人々の安全と健康のために』

210828.jpg

8月28日(土) 放送
『働く人々の安全と健康のために』
長野県医師会
飯塚 康彦 副会長

働く人々の安全と健康を確保するための仕組みとして、事業場の業種や規模に応じて
安全衛生管理が定められており、専属産業医・嘱託産業医の選任はそれに含まれ
ています。長野県ではおよそ690人が複数個所の事業場を受け持っています。

1  2  3