『高齢者の循環器疾患について』

210621.jpg

6月21日(月)~6月25日(金)
『高齢者の循環器疾患について』
中高医師会
長谷川 悟先生

高齢者のうち3分の2以上が発症する高血圧。放置すると脳卒中や心筋梗塞を起こす
危険な病気です。また喫煙、糖尿病や脂質異常が加わると脳心血管死亡が増えます。
近年、医療機関でより家庭で測定する血圧のほうが重要だとわかってきました。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『子どもの貧困について』

210614.jpg

6月14日(月)~6月18日(金)
『子どもの貧困について』
飯田医師会
和田 浩先生

例えば生活保護のレベルを基準にした子どもの貧困率で、2012年のデータでは長野県
は11.1%で全国の13.8%に対して低い結果でした。色々な調査結果から体や心など
貧困が子どもに及ぼす影響を考え、日々の診療の中に思うことをお話します。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『アレルギーについて』

210607.jpg

6月7日(月)~6月11日(金)
『アレルギーについて』
長野赤十字病院 アレルギー科・小児科
小林 法元先生

花粉症を含むアレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎、食物アレルギーなど罹患して
いる人は多く、アレルギー疾患は日本の国民病と言えます。そしてアレルギー疾患で
人生の最初に罹患するのは食物アレルギーです。生後6か月頃から発症してきます。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『糖尿病治療の進歩』

210531.jpg

5月31日(月)~6月4日(金)
『糖尿病治療の進歩』
松本市医師会
宮本 高秀先生

糖尿病は血糖値がかなり高くなるまで無症状で進行していきます。三大合併症といわ
れる糖尿病性網膜症・腎症・神経症を起こさないため、血糖をコントロールすることが
治療です。従来の治療薬のほか肥満を抑えるという治療薬について解説します。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

『こどもの誤飲について』

210524.jpg

5月24日(月)~5月28日(金)
『こどもの誤飲について』
上田市医師会
竹内 さつき先生

誤飲とは害のあるもの・危険なものを誤って飲み、それが食道や胃に入ることです。
こどもの誤飲事故は1歳児が最も多く、原因となる医薬品、ボタン電池は特に注意が
必要です。誤飲してしまった時の対処法や家庭での注意点についてお話します。

 

放送内容を動画でご覧いただけます
※動画は以前放送されたものです。速報が入っているものもございます。

1  2  3  4