稲葉 陽子

02/24 衣装のご紹介

今週の『奥さまはホームドクター』で着用しているのは、こちらのニットです。

【パンツは、私物です。】

カラーはレモン色淡いイエローです

Vネックのニットで、丈はそれほど長くありません

 

さて今週、長野市街地では雪が積もった日がありました

【21日の朝】

「もう、積もることはないかな~。」と、勝手に油断していた時だったので

朝起きてビックリ

でも、先月から今月始めの雪に比べれば なんのその

 

日が差すと、春めいてきたように感じますが、

このまま春を迎えられるのでしょうか…

衣装協力:Petit Olcott   http://ameblo.jp/petitolcott-nagano

 

02/23 サバイバルを映画館で

先日、映画『サバイバルファミリー』でメガホンをとった矢口史靖監督に

インタビューさせていただきました

 

ある日突然、電気がなくなったら…

一時の停電した状態を想像したことはあっても

長い期間、電気が使えない生活を想像したことはなかった私。

「そうか、これも使えないのか」 「電気がないと、こうなるのか

映画を通して、電気のない状況を目の当たりにしました

その様子が、ある家族を通して滑稽に描かれています。

ただ、笑いの中にも

現代に生きる自分の感性や価値観に疑問符が付く場面も…。

 

映画『サバイバルファミリー』は、ただ今上映中です

02/21 負けなし!

先週末は、千葉で行われた『なでしこ交流戦』の取材へ

パルLを含む9チームが参加するトレーニングマッチで、

15日から19日の5日間に渡って行われました

 

私たちが到着した17日は、

春の嵐の影響で午後の試合は中止

立っていられない程、

電話をすれば、先方に暴風の音しか届かない程の風でした

 

しかし翌日は風も止み、

予定通りに試合は行われ、取材も順調に進みました

 

今季、新たな選手が加入して初めて見る試合。

この5日間で行った7試合で

負けは1試合もありませんでした

チームの進化に、シーズン開幕を期待せずにはいられません

 

ただ、1部に参入して2年目の今年は分析もされ

昨季よりも難しいシーズンになることが予想されます。

どんなに苦しい時も

常に直向きにボールを追いかけるパルLの選手たちを今季も応援したいです

 

02/18 衣装のご紹介

今週は、2着ご紹介します。

1着目は、先週の『奥さまはホームドクター』で着用していたトップスです。

013shukushou

【ボトムスは、私物です。】

ハイネックニット。

カラーは、明るいグレーです

首元は、高すぎないハイネック。

襟元にゴムが入っていて、締め付けのないギャザーが可愛いです

 

2着目は、今週の『奥さまはホームドクター』で着用しているトップスです。

008shukushou

【スカートは、私物です。】

イエローのカーディガン

フロントのボタンが、全部違います

026shukushou027shukushou028shukushou029shukushou

 

熱は下がったのですが、

一度体調を崩すと、万全な状態にはしばらく戻らないものですね

今は風邪薬を飲んでいますが、

花粉症の私は風邪が完全に治ったら、花粉症の薬を飲むことになりそうです

衣装協力:Petit Olcott   http://ameblo.jp/petitolcott-nagano

02/14 心から感謝。

『冬の祭典2017』 無事に放送することができました

 

ご覧いただいた皆さん、

出演してくれた学生さん、ご家族、

ゲストの皆さん、

スポンサーの皆さん、関係者の皆さん、

そして大勢のスタッフ…

イベントと連動する5時間という大きな公開生放送では、

多くの皆さんの協力が不可欠だということを改めて感じた『冬の祭典』でした。

 

この番組に関わる全ての皆さんへ、心から感謝します。

本当にありがとうございました

 

 

「テレビは、発信する側が楽しまなければ、見ている人へ面白さは伝わらない!」と

新人の頃に教えられました。

 

その為に、私達アナウンサーに最も必要なこと…

それは準備。

準備が不十分では、本番を楽しむことは絶対にできません。

 

それが不十分では、楽しむ以前に、

番組の流れや空気を壊してしまうことに繋がります。

 

だからこそ十分な準備ができるよう、かなり早い段階から動いてきました。

 

しかし…

うまく進まないことも多く、

結局、本番当日、私の場合は睡眠不足で頭が回転しない、

当日の朝、発声発音練習をしても

口が思うように回らない、舌の動きが異常に鈍い

という状態で、本番を迎えることになってしまいました

 

“ ここまできて、最後の最後、万全な状態で本番に臨めないなんて悔し過ぎる

これまでの準備を絶対に無駄にするものか

本番5分前、私の中で何かが吹っ切れたのか、気持ちが切り替わりました。

“番組を何としても、成功させる

今の私にできることは、自分の役割をしっかり務めること

 

腹をくくって始まったわけですが、

放送が始まるとタレントの皆さんに助けられ

気付くと、本番の緊張感とハプニングを楽しんでいました

 

番組が面白かったかは、見て下さった皆さんが決めることだと思います。

ただ、“ 発信側の一人である私が楽しむ ” という最低限のことはできたと思っています。

 

それでも番組が終わった瞬間、「楽しかった~」よりも

「ん~、もっとあそこは、こうできたはず」 「もっと、こうやればよかったのでは」

と思うことの方が多く、気持ちは次へ向かっていました

仕事って、終わりがないものなんですよね

 

 

今回の『冬の祭典』は、技術スタッフが趣向を凝らし、

私が担当した天声ブースは、新しいことに挑戦しました

常に新しいものに挑戦しようと、上を目指すスタッフ。

そのプロ意識に刺激をもらいます。

005rogo3

時間に追われ、寒い中、

同じ志しで番組に携わったスタッフの皆さんには、感謝の気持ちしかありません。

本当にありがとうございました

 

番組は、多くの皆さんの協力あって放送できます。

ご協力いただいた皆さん、ありがとうございました

004rogo2

 

番組終了後、ホッとして気が緩んだのか、熱を出してしまいました

まだまだ寒い日が続きます。

皆さんも体調管理には十分お気を付け下さい