伊東 秀一

09/17 「風立ちぬ」の時代に

「戦争と戦争に挟まれた束の間の平和な時代だったんでしょう」
飛行士を大叔父に持つ男性は、こう話してくれた。
日本中の夢を乗せて大空を飛んだパイロットがいる。
その人物の足跡を、安曇野市の生家に訪ねた。


■「AIR&SPACE」8月号/米国立スミソニアン博物館刊
■掲載写真は飯沼飛行士記念館(安曇野市)提供

彼の名は飯沼正明。長野県南穂高村(現・安曇野市)に生まれ
1937年に東京~ロンドン間を94時間17分の世界最短で飛んだ。
きっかけは先月出版されたアメリカの航空専門誌に
彼の功績が特集され、再びその記録が注目されたことだ。
           ✤
「嬉しかったですね、今になって世界が注目してくれるとは」
笑顔で話してくれたのは飯沼成昭さん。飛行士の兄の孫にあたり、
今は亡き飛行士の生家を、記念館として管理しておられる。
           ✤
「神風」という機体名は戦時中の特攻隊を彷彿とさせるが、
実は戦争とは無関係。東京朝日新聞(当時)が企画した
日英親善飛行のために一般公募で選ばれたものだ。
大空へ、海外へと夢が花開いていた時代の空気が窺える。
           ✤
記録が達成された1937(昭和12)年の航空史を紐解くと、
宮崎駿監督の映画『風立ちぬ』の主人公である堀越二郎が
零戦(零式艦上戦闘機)の設計に着手したのがこの年であり、
日本の航空技術が頂点に向かっていた時期でもある。
           ✤
一方で、同じ年の7月には日中戦争の発端となる盧溝橋事件も。
飯沼成昭さんが語った「束の間」という意味が重い。
戦争の気配が濃くなる時代に、軍人ではなく民間飛行士として
飛び続けた信州人の足跡を改めて知りたいと思った。
           ✤
今夜の「news every.」(18:15~)でお伝えする。

09/11 影アナ席から~9.11

 ちょうどひと月前、上田市のホールで催された
世界的ピアニスト・反田恭平さんのリサイタルで、
場内アナウンス(影アナ)を担当させてもらいました。
当初は3月末に予定されていたものが延期となり、
反田さん自身も無観客での演奏披露を続けてきた、
そんな中でようやく到来した有観客での演奏会。
演奏者にとっても聴衆にとっても待ちに待った日でした。


【上田市・サントミューゼ。当日は客席使用率50%で開催】

ホール半分のお客さんながら、終演後の鳴りやまない拍手に
ピアニストは3度もステージに再登場し、カーテンコールに
応えられました。あの嬉しそうな横顔が忘れられません。
           ✤
思い返せば、このコロナ禍で大きく変わった生活様式。
ワクチンや治療法が確立した後も、完全に元に戻すことは
できないのでしょう。
3.11の震災が日本を襲った時も似たことが言われました。
日本社会の価値観、自然への向き合い方がすっかり変わったと。
          

【舞台袖にある影アナ席にて/8月12日夜】

そしてきょう、9.11。ともすればコロナ禍で忘れていた日付。
この日も、世界の価値観が大きく変わった節目でした。
           ✤ 
もとに「戻せない」ものばかり増えていく中、
「戻せる」ものもどこかにあるのではないか。
この半年近くを思い返しつつ、そんなことを考えています。

  

09/09 宙(そら)の名前

 30年近くも前、こんな名前の写真集を購入し
飽きもせずに眺めていた時期がありました。
宙を「そら」と読ませるあたり、何とも粋ですね。


【TSB本社屋上から撮影/午前11時前】

「季節の表情は空から先に変わっていくんです。
 平地は暑くても、空はもう秋になってますから」
とは鈴木智恵・気象予報士の談。
            ✤
 写真は上から「レンズ雲」(風に流され帯状になったもの)、
2枚目が「ひつじ雲」(羊の群れのように見える部分)と呼ぶのだそう。
他にもたくさん呼び名があったはずですが、ほぼ忘れました。
宙の名前を智恵さんに教わらないと・・・・・・。
            ✤
 数日前まで夏の入道雲が立ち上がっていた東方連山(写真3枚目)上空も、
いつの間にか刷毛で引いたような雲が。たしかに空はもう秋です。           

        

08/14 もうひとつの無言館へ

私がその美術館に半年近く通ったのは2005年、
もう15年も前のことになる。
上田市の独鈷山麓にあるこじんまりとした館内には
病や貧困によって若くして他界した絵描き
=夭折画家(ようせつがか)の作品が並ぶ。
その小さな美術館が、全国区の知名度を持つ
「無言館」の原型になったことを知る人は少ない。
          ✤
時は戦後60年の節目。多くのメディアの取材が
無言館に集中する中、アマノジャクである私は
敢えて無言館ではない方に取材の軸を置いた。
当時、そこは信濃デッサン館という名だった。

取材・撮影をスタートさせたのは夏の初め。
30分のドキュメンタリーとして放送なったのは
開戦の日をとうに過ぎた師走の後半だったと記憶する。
          ✤
両方の館主をつとめる作家の窪島誠一郎さんは当時こう話した。
「軒先貸して母屋盗られる、みたいな感じですかね」
後から生まれた無言館が、その原型であるデッサン館を追い越し
観光バスが行列するほどの来館者を集めるまでになったことを
皮肉っての表現だった。

奇しくも番組取材中の当時、経営難を理由に一度、
その後もう一度閉館の危機を経験したデッサン館は、
今年6月に「残照館」と名を変えて再開した。
お盆前、その残照館を訪ねた。
個人コレクションである絵の多くを売却した窪島さんは、
残った1000点余りの作品に囲まれながら
穏やかな日々を送っているように私には見える。
          ✤
「好きな作家の絵に囲まれて暮らせるなら
 毎日、生卵と納豆だけの生活だって幸せです」
15年前の館主の言葉の重みが、今になって分かる気がする。
無言館から徒歩15分ほど。もし訪ねる機会があったら
‟もうひとつの無言館”にも是非足を運んで頂きたい。
今年78歳になる館主本人が、静かに迎えてくれるはずである。
(※開館は土・日・月曜のみ。入場無料)


【夏の花 モクゲンジ/上田市東前山・残照館近くで】

   

07/23 プールとコロナ

また水の話か?ということなかれ。
きょうは澄んだ水の話です。
長野市の屋外プールがきょうから営業を始めました。


【長野市営城山市民プール/21日撮影】

例年であれば7月第1日曜からスタートするのですが、
今年は利用客同士の接触機会を減らす狙いから
2週間半遅れでの営業開始。これもコロナ対策の一環です。
毎夏9月初めまで泳げることを考えると、今年はその半分ほど。
短く寂しい夏になりそうです。


【プール清掃中の監視スタッフさん】

先日取材で訪ねた屋外・屋内プールでは、
それぞれの感染予防策を取っています。

★感染リスクが最も高いのは更衣室・ロッカールーム。
★水質管理が徹底された水中では感染リスクは低い。
★遊泳中の感染防止ポイントは「距離の取り方」等々

詳しくは今夜18:15~の「news every.」で。
私の泳ぐ姿も初披露いたします。
(それはあまり見たくないですか?ですよね。)