2021/10/19 選択の秋(とき)

久しぶりに照り付ける太陽に少し汗ばみながら、

衆議院選挙初日の候補者演説を聞きに東信・上田市へ。

木陰で日差しを避けつつ第一声を聴く人もいれば、

陽のあたる場所でじっと動かず聴き入る人も。

IMG_1138.jpg

【写真=上田駅お城口広場の聴衆/きょう午前】

              ✤

「秋」と書いて「とき」という読み方があるのを、

いつだったかあの『三国志』を読んでいる中で知りました。

「危急存亡の秋=ききゅうそんぼうのとき」という表現は

国が存続できるか否かという瀬戸際を示す場合に使われ、

ここで「秋」という文字を「とき」と読んでいました。

IMG_1132.jpg

【写真=紅葉する木々と選挙ポスター掲示板/長野市城山公園】

              ✤

一方で、秋は実りの時季でもあるため「収穫・成熟」の意味をこめて

来たるべき「とき」がきた=「秋」と表記するのだという説も。

この国の存亡を左右する選挙だとすれば、まさに「秋=とき」。

でも、有権者が選択するための政策や議論が十分になされているかと

問うてみれば、熟する「秋=とき」にはまだ遠いような気もします。

12日間の選挙戦でいろんなものがしっかり熟して欲しいのですが。

2021/10/14 ご城下の村

「この辺りは室町から江戸にかけてご城下だったんです。

 ちょうどあの辺りにね、お城があったそうで」

女性が指さす先には、まだブルーシートに覆われた堤防が見えた。

その数百メートル上流に、かつて長沼城という城が存在したという。

あの会話を交わした日から間もなく2年が経とうとしている。

IMG_0284.jpg

【修復中の千曲川堤防(決壊地点)/2019年12月撮影】

              ✤

長沼(ながぬま)と呼ばれる長野市北東部の一帯は

大町・穂保・津野・赤沼の4つの地区から成る。

昭和20年代までこの地にあった長沼村(当時)の呼称でもある。

田畑が広がる一帯はリンゴの名産地として知られるが、

ご城下だった頃は同時に松代藩(現・長野市松代町)と

越後(新潟)方面を結ぶ宿場町として栄えた歴史ももつ。

              ✤

「立派な蔵や大きなお屋敷が残ってるでしょう。

 もちろん昭和以降のものもありますが、中には宿場当時から

 現存してる建物だってあるはずなんです」

長沼の歴史を研究し続ける地元の女性は、日常生活と一緒に

歴史の一端が流されてしまったことを悔しそうに話した。

IMG_0282.jpg

【氾濫の水圧で倒された石仏/2019年12月・長野市穂保で】

              ✤

水害が流し去ったものは、目に見えるものばかりではない。

そんな当たり前のことが、お城の話を思い出すたびによみがえる。

あの日から、きのうで2年が過ぎた。

2021/10/09 窓明かり

各地に出されていた緊急事態宣言、蔓延防止重点措置が

全て解除されて1週間余り。

土曜日曜の観光地は県外ナンバーの車両が増えたと聞く。

日が落ちた頃、いくつかの宿泊施設を遠目で眺めてみると、

部屋の明かりはひとつも点いていない。

IMG_0722 (2).jpg

【長野市・城山公園から見た夕暮れの長野市街地】

             ✤

ほんの何週間か前、その建物はほぼ全ての窓明かりが灯っていた。

新型コロナ感染者のいわゆる「宿泊療養施設」である。

県内の新規感染が158人と最多を記録したお盆明け前後、

煌々と灯る"満室"の明かりを見ながら気持ちが塞いだのを思い出す。

             ✤

県内のワクチン接種率(2回目)が70%に達したニュースを聞きつつ、

あの窓明かりが再び増える日が来ないことを願った。

2021/10/07 川と生きる~上流の町から

IMG_1087.jpg

去年の今頃はまだ通行止めだった国道が通れるようになっていた。

下を見下ろせば、崩れた護岸や流木、倒木が散乱し

川は形が変わるほど激しい流れに削られたことがわかる。

             ✤

千曲川上流に位置する南佐久郡佐久穂町をほぼ1年ぶりに訪ねた。

集落のある一帯では道路も護岸も復旧が終わり、

住民も元の平穏な生活を取り戻しつつあるように見える。

ただ、山沿いに一歩踏み入れば、手付かずの箇所が目につく。

IMG_1074.jpg 

600人余りが暮らす大日向(おおひなた)は戦後の開拓集落。

穏やかな抜井川(ぬくいがわ)に沿って東西の山間に拡がっている。

その穏やかな流れが牙をむいたのが2年前のあの日だった。

             ✤

「この時季になると2年前を思い出しちゃうんです」

「また同じ災害が来たら、もうここには戻れないかな」(住民)

             ✤

この2年で何が変わり、何が変わっていないのか。

川とともにある大日向からの報告は、あすの「news every.」で。

IMG_1055.jpg

【通れるのは県境の十石峠まで。柵の向こうは群馬県上野村】

           

2021/10/05 予知能力

撮影したのは秋の彼岸。ちょっと前の写真だがご容赦願いたい。

長野市郊外にある実家の墓参りに行った時の1枚。

IMG_1107.jpg

墓石の一隅に見つけた小さな茶色の塊り。カマキリの卵である。

卵を産みつけた位置が高ければ、その冬は大雪予想。

低ければ積雪は少なめ、との言い伝えは亡き祖父から聞いた。

冬場の積雪量を予測し、埋もれない高さに卵を産むのだそうだ。

              ✤

ご先祖様への無礼を承知で測ったら、ちょうど私の腿の付け根あたり。

うーん、これって高いのか?低いのか?

比較対象するものがないので何とも言えないのだが、

ただこの一点については感心せざるをえない。

"予知能力"のある野生生物はスゴイ、ということ。

1  2  3  4  5  6